中国ツウになれる!楽々ブログ

HOME > 中国ツウになれる!楽々ブログ

忘年会の写真出来ました!!

2012.12.26

 

 今回の忘年会も「友達探し」というゲームをしました。

 ゲーム開始、みんなは一生懸命中国語で書いたお友達のヒントを理解し、自分のお友達かどうかお互いに確認し、みんなは非常に夢中になっています。講師に、YESの承認を貰ったら、解答問題を抽選する。新成立のお友達同士は共同作業でご自分で抽選した中検問題を解答。正解の方に当教室の会話サロン無料チケットをプレゼント!!

 ゲーム中、みんなは非常に賑やかで、初対面でもまもなく友達になりました。忘年会後、生徒様から、「初めてこんな面白い忘年会に参加して、よかった。また参加したい」、「多くの方々は初対面なのに、すぐ楽しく、仲良くしゃべれるようになって、ややびっくり。でもとってもうらやましい」などなどのご感想をいただきました。

 当教室はイベントを行う目的の一つは、みんなに交流の場を提供すること。みんなはこの場を利用して、お互いに中国見聞や中国語習得の経験などを交流して、長所を取り入れ、短所を補い、中国語習得や中国文化の楽しさを味わいながら勉強を進んでいるのは一番いいかな~と。多くの方々のご参加を期待しています。

 

 

         記念写真全員写真.JPGのサムネール画像のサムネール画像        二次会を楽しみに2次会参加者.JPGのサムネール画像
       これからよろしくね以后互相帮助.JPGのサムネール画像        私たち友達なの?ゲームに夢中している皆さん.JPG
      この問題どう回答するの?宮地・古林.JPG           友達成立!!友達できた!!山野・黒瀬.JPG

 

      

       友達やっと見つけた!!友達やっと見つけた.JPG            解答発表!!木村・小林・于・水谷.JPG
           問題発表与えられた問題.JPG            歓談欢谈.JPG

 

続きを読む »

お正月の習俗

2012.12.25

 お正月のお祝いは、中国語で「過春節」また「過年」(春節或いは年を過ごす)といわれる。「腊月二十三」の日は「過小年」といわれ、大掃除・「弁年貨」(年越し用品の用意)などのお祝いの準備段階に入る。干支を紀年とする旧暦なので、来る年に当たる十二支の動物がお正月のシンボルとして、あちらこちらに描かれており、祝祭の雰囲気に満ちている。「過年」の年という文字は、後漢(ごかん)時期に成立した中国の最古の字典である『説文解字(せつもんかいじ)』の解釈によると、禾(いね)により構成されて、穀物の成熟を表す。やはり農耕社会に生じるものであろう。しかし、民間の伝説によれば、「年」は毎年の大晦日の夜に出る人と家畜を食う猛獣である。その猛獣は火の明かりと赤い色、大きな音を怖がったと言われたため、お正月に爆竹を鳴らしたり、赤い桃符(とうふ)を貼ったりする、という習俗ができた。   

 春節の前日は除夕(じょせき)といい、つまり日本の大晦日に当たる。その日は実際に翌日の春節より重要と見なされ、欧米のクリスマス・イブのような一家団欒の日である。日本の紅白歌合戦のよう中国大陸の中央テレビ局が主催する春節聯歓晩会という娯楽的な番組が、大陸の中国人が必ず見るものとして、伝統的な祝祭日に新しい内容を添えるようになった。夜中になると、日本の年越しそばではなく、年越しギョウザを食べる。ギョウザを食べるのは、その形が昔のお金であった元宝(馬蹄銀)に似て、来る年に金儲けを祈るためだという説がある。

  春節の日には初詣を除き、主な行事としてお正月の祝いを挨拶する「拝年(ばいねん)」を行う。順番は一般に家からお隣ひいては職場の同僚までに至る。敬老の伝統をもつ中国は、子どもが年寄りに「拝年」をすると、「圧歳銭(あっさいせん)」という赤い紙で包んでいるお金がもらえる。その「圧歳銭」は日本のお年玉と同じである。拝年の時に挨拶言葉として、「過年好(ごーねんこう)」「新年快楽(しんねんかいらく)」(新年おめでとう)「恭喜発財(こうきはさい)」(お金が貯まりますように)などがある。

 中国のお正月の雰囲気は以上述べることだけでなく、多くは耳に絶えずこだましている爆竹の音、および家々の飾りからさらに感じられる。爆竹は魔を追い払うために、最初は竹を火に入れ、ぱんぱんと響きを出したが、火薬を発明した後、爆竹の製造が火薬の主な用途となった。除夕の夜中の耳が聞こえなくなるほどの爆竹の音は、砲煙もうもうたる戦場を連想させる。また日本の子どもが花火をするように、春節のときに爆竹をすることは中国の子どもの楽しいことになった。ところが、北京・上海などの大都市が防火の理由で相次いで爆竹を鳴らさないようにする禁止令を出したため、ちょっと寂しくなるのであろう。でもお正月の町にあちらこちらに見られる南方の獅子舞或いは北方の扭秧歌(ヤンコ踊り)空まで響く銅鑼や太鼓の音に伴って、依然として濃いお正月の雰囲気を浮き立たせている。 

 爆竹より文化的なお正月の飾りは「春聯(しゅんれん)」というものである。「春聯」は対聯(たいれん)の一種類として漢詩と同じように対句で書かなければならない。宋代から桃符は赤い紙に改められて「春貼紙(しゅんちょうし)」といわれる。その後、明の太祖の提唱によって、次第にお正月の前後、玄関の両脇などに赤い紙を貼る祝い文という春聯が広く全国的な習俗となった。お正月の春聯は元々魔除けをするものを知識人の文化普及に転換されたと考えられる。春聯のほか、玄関ドアの中央などのところに逆さに貼る同じ赤い紙で書いた大きな「福」などの文字も見られる。逆さに貼るのは、中国語で「倒」という発音が到るという意味の「到」と同じなので、「幸福の到来」を表す。農村では、家々の窓と壁に貼っている窓花(そうか)(赤い紙を切った模様)や年画(ねんが)(お正月のお祝い絵)も見られる。

 

mig.jpg

続きを読む »

嬉しい中検結果のご報告

2012.12.21

 11月25日に行われた中検テストでは、当教室四級を受けた生徒さん三人とも見事合格出来ました。さらに一人は当教室リスリング96点の記録を更新し、100点満点で合格!!当教室の強みはもう一回証明されて、もっと自信がつきました。

 皆さん引き続き応援してくださいね。

                                              嬉しい中検結果のご報告:4級を受けた生徒さん三人とも見事合格出来ました。さらに一人は当教室リスリング96点の記録を更新して、100点満点の点数で合格!!当教室の強みはもう一回証明されて、もっと自信がついてきました。皆さん引き続き応援してくださいね。

続きを読む »

お風呂文化

2012.12.11

  中国語では、普通「入浴する」は洗澡xǐzǎoとなりますが、さらにいろいろな言い方に分けられます。

l  冲澡chōngzǎo 【シャワーを浴びる】

l  泡澡pàozǎo  【湯につかる。温泉に入るのは「温泉」】

l  擦澡cāzǎo   【濡れたタオルなどで体の垢を落とす】

l  搓澡cuōzǎo  【入浴者の垢を落とす。垢すり】

 日本人は長い旅や一日の仕事から帰ってきて、一番したいと思っている事はまずゆっくりお風呂に入りたいと言われています。長い間、外国で暮らしている日本人も、その国の言葉を話し、その国の食に慣れていても、お風呂だけは日本式にしたがるでしょう。

日本人は世界一清潔好きな国民だと言えますが、中国人にとって、非常に不思議な風呂習慣が幾つかあります。例えば、

日本の家庭風呂って、家族全員が交替して同じ湯船を使うこと。閉鎖された湯船の中で、よくこんな不潔なことをしているな~と思いませんか。ほかの外国人でもそう思っていると思いますが。中国の湯船はシャワーの真下だから、湯船につかっていても、結局その中で体を洗ってしまうから、「一人1回使い捨て」にします。家族全員は同じ湯を使うことはあり得ないでしょう。

 

また、父と幼い娘が一緒にお風呂に入ること、どうしても考えられないでしょう。日本では、いつから、なぜか、父と娘が一緒にお風呂に入るのかどうしても理解しづらいですが~~(;_;)/~~~

                   

続きを読む »

中国のお酒

2012.12.08

 忘年会のシーズンにやってきました。忘年会というなら、お酒を離れないでしょう。  

さて、中国のお酒に関してご存知でしょうか。    

               中国のお酒いろいろ

  中国では、「酒は百薬の長」酒为百药之长)と言われている。

l  白酒: 蒸留酒の総称。貴州省の「茅台酒máitáijiǔ」(マオタイ酒)、四川省の「五粮液wǔliángyè」(五糧液)、北京の「二锅头èrguōtóu」(二鍋頭)がその代表格。アルコール度数は3560度。色が透明であることから名づけられた。

l  黄酒:醸造酒の総称。アルコール度数は1020度ぐらいで、浙江省の                绍兴酒   shàoxīngjiǔ」(紹興酒)がその代表格。俗に「老酒lǎojiǔ」ともいう。

l  啤酒:ビール。ジョッキ入りのものを「扎啤zhā」という。

l  洋酒:「威士忌wēishìjì」(ウイスキー)、「白兰地báilándì」(ブランディー)、「鸡尾酒jīwěijiǔ」(カクテル)など。

l  红酒:赤ワイン。近年は中国も健康志向で、赤ワインの人気が高まっている。

 

                中国の酒用語

l  烫酒 tàngjiǔ       酒を温める。

l  喝闷酒 hēmènjiǔ     やけ酒を飲む。

l  斟酒 zhēnjiǔ       酒を注ぐ(つぐ)

l  酒鬼 jiǔguǐ        飲兵衛(のんべえ)。飲んだくれ。

l  海量 hǎiliàng       酒に強い。酒豪。

l  酒逢知己千杯少 jiǔféngzhījǐqiānbēishǎo

             酒は知己(ちき)と飲めば千杯でも少ない。

 

 

 

 

                   

続きを読む »

中国の養生の諺

2012.12.01

   冬になって、風邪を引く方は多くなってきた。みなさんは如何でしょうか。くれぐれもお体に気をつけてね。

  中国は周知の通り漢方薬の始祖ですね。現在養生もはやっている。下記に養生に関する言葉を幾つか紹介します。日常生活に取り入れたら冬の風邪に効くでしょう。

    dōng chīluóbo  xià  chījiāng,   shèngguò  yīshēng  kāiyàofāng

1 冬 吃卜 夏 吃姜,  胜过   医生   开方。

 冬には大根をよく食べて、夏には生姜をよく食べると、お医者さんからの処方よりよく効くこと。

       zǎōchijiāng,  sàishéntāng;  wǎnchījiāng , sàipíshuāng

2  早吃姜,;   晚吃姜,    砒霜。

 朝に生姜を食べると、栄養スープよりいいが、夜に食べると、砒素(毒薬の一種)と同じであること。

    fànqián  xiānhētāng,     shèngguò    liángyàofāng。

3 前   先喝,    胜过    方。

 主食を食べる前にまずスープを少し飲むと、いい処方に勝ること。

     fànhòu   bǎibùzǒu,    huòdào  jiǔshíjiǔ

4 后   百步走,活到   九十九

 食事をしてから、百歩を歩いたら、九十九才まで生きられること。

     nán  bùlíjiāng,      nǚ bùlítáng。

5 男  不离姜,女不离糖。

 男なら生姜を離れず、女なら砂糖を離れないこと。つまり男の場合、お生姜をよく食べたらいい;女の場合、砂糖(特に赤砂糖)をよく食べたらいいということ。

 

  試してみてくださいね。

  継続は大事!!

    

続きを読む »

<<前のページへ 1234567891011

中国ツウになれる!楽々ブログ
台湾旅行
台湾旅行

2月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

楽々中国語会話への入会はこちらから